ぬるぽりん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

CVTオーバーホール

ジャダー


tottaze?

モビリオがジャダー出るので車検のついでにオーバーホールをします。
CVT自体フィットアリアと同じですので降ろしたあとの写真になります。

ジャダーは発進してアクセルを踏んだときに振動するものです。
過去今回交換するスタートクラッチを交換し、なおかつそれでも直らずCVT丸ごと交換し、それでもジャダー再発するので事実上三回目の修理です。
初期CVTは何かが弱いのでしょう。
確かHMMFが汚れてスタートクラッチがダメになったようなきがします。

くるん

表側に向きをかえデフサイドにストッパーをつけます。
こうすることで下にATFが垂れないのでキレイに仕事できます。
オイルまみれは嫌だしね。

CV
まずハウジングを取るに辺り、コントロールバルブを取ります。

CVとった
ぽろん

はうじんぐ
そしたらボルトを緩め取ります。
裏側の写真。

なかみ
まうえから
デフとスタートクラッチです。

リバースピストン方面にいくと板などがが複数ありますのでややこしくなっていました。
金属ベルトやプーリーがあるところは非分解なので開けません。

すたとくらっちだけ
パーキングブレーキのスプリングやシャフト、リングギヤなど取っ払います。
しかし新品なのにも関わらずやっぱり鉄粉がついている。
取った部品
洗浄するのでひとまとめ。

ぱいぷなど
ATFパイプやボルトなどです。

長さが微妙に違うところもあるので注意。
入るようにしか入らないので間違えることはありません。
ATFパイプは向きがあるので注意。
ゴミ取り用のフィルターが施されています。
初期型のミッションにはついていなかったんだけど、対策したのかな。

すたくらとる
メインのスタートクラッチを脱着

とった
サークリップやシムを取り分解です

すっきりです
スッキリ。清掃です。
鉄粉取りのマグネットにはかなり汚れが溜まっていました。

紙とり
紙パッキンを取るのでシコシコ外していきます。
大根のカツラ剥きのようにキレイにとっていく。意地です

ぱつきん
オッシャ!

部品
今回かえる部品 Oリングや割りピンなどなど。

おーりんぐう
これからつけます
各種Oリングがあるところを取りつけていきます。
傷は絶対つけない。ねじれていれたりしない。
数が多いので集中力きれそうになるけど忍耐。

ざんがい
交換終了

つけた
スタートクラッチをつけていきます

みえねえ
サークリップなどを取ろうと思ったんだけどブレてる。
携帯の画質いいんだけどたまにブレるの直したい。

かんせー
組み付け終了したので、各種ギヤにいれPRNDレンジがちゃんと作動するかクルクルまわして確認します。
デフなどきっちりいれたつもりでも実は入ってないっていうケースがあるのでしっかり確認。

あとは乗せて完成です。

もう一台モビリオのジャダーがあるので次は別の写真とってみようかなーって思った。
一個前の記事のライフはエンジンオーバーホール確定です。

この時期に重整備が重なってきたのですごい嬉しい。経験を詰みたい!
ただ問題なのが明後日から検査員講習がはじまるのですごいパッツンパッツンになること。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。